So-net無料ブログ作成
検索選択
レミー ブログトップ

レミーの命日 [レミー]

暖かい日が続きますね〜わんわん地方、今日は20℃を超えましたよ〜[右斜め上]
寒いのが苦手な私は気持ちの良い季節になって嬉しいです[るんるん][るんるん][るんるん]

   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

3月7日は我家の長女レミーの命日でした。
IMG_8194.JPG
実は一日勘違いしていて、昨日この記事をアップ出来なかったのです[もうやだ~(悲しい顔)]

レミーはイギリス生まれでオランダ育ちのワンコです。さらにアメリカへと渡って日本で亡くなりました。
私達夫婦はアニーパパの仕事の都合でアメリカで生活をしていた時、レミーの里親になり、帰国するとき一緒に日本に連れて帰って来たのです。この世で4カ国で生活したワンコも少ないのではないかしら。。。

でも、残念ながら日本での生活は半年程で終わってしまいました。
当時、海外からワンコを連れて来た場合、2週間の繋留が義務づけられていました。
不幸な事にその間にレミーは原因不明の病気に感染してしまい、およそ1ヶ月間食事が食べられなかったのです[もうやだ~(悲しい顔)]

私達は毎日病院に通って栄養注射を受けさせました。
そんなある日、獣医さんが鳥のレバーを試しに食べさせて下さったのです。
すると。。。「食べた!!!」 
私は嬉しくて涙が出てしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

その後、レミーはめきめきと回復しやっとお散歩も一緒に出来るようになったのです。
やはり口から自力で食べると言うのは大切な事なんですね。。。

しばらくは何事もなく生活していたのですが、アメリカから帰国して半年後。。。
レミーは突然虹の橋を渡ってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
3月7日の未明でした。

前の晩、異常なほど何度も吐いて普通の状態ではありませんでした。でも、かかりつけの獣医さんに電話をかけても応答無し。その時点でもっと他の獣医さんを捜せば何とかなったのかもしれません。
今ならネットで調べて夜中でもやってる病院がいくらでも探せるんでしょう。
とりあえず一晩様子を見る事にして、レミーに添い寝をしていました。
明け方水のような物を吐き出し、ちょっと苦しそうな声をあげてレミーは息を引き取りました[もうやだ~(悲しい顔)]

前日まで普通にお散歩して元気だったのに。。。[もうやだ~(悲しい顔)]
IMG_0001.jpg
享年8歳。短い命でした。

レミーと暮らしたのはたった2年。
でも彼女の従順でフレンドリーな性格は私達の心に素晴らしい物を残してくれました。 
IMG_0002.jpg
ヨーロッパ式のしつけを身につけたレミー。
レミーは私達にその素晴らしさを身をもって教えてくれました。
IMG_NEW.jpg

ありがとうレミー[ぴかぴか(新しい)]


レミーの命日 [レミー]

昨日今日と春らしいお天気が続いていますね。。。
ようやく各地の花も開花し始めたという嬉しいニュースが聞かれます。
皆様の地方はいかがですか?

さて、今日は17年前に亡くなったシェットランドシープドッグのレミーの命日です。

レミーが生きている頃の写真は全部フィルムの為ブログにはなかなかアップ出来ませんでしたが、今回は当時の写真をスキャンしてアップしてみました。 
IMG_0001.jpgIMG_0002.jpgIMG_0004.jpg
IMG_0031.jpg
古い写真で発色も悪かったので少し加工してみました[ぴかぴか(新しい)]

以前にお話したかもしれませんが、レミーはイギリスで生まれて、オランダで育ち、アメリカに渡って私達夫婦に引き取られました。(詳しいお話は→こちら

私達夫婦がアニーパパの仕事でNJに住んでいた時の事です。
レミーを引き取って1年半ほどNJで一緒に暮らし、1994年の8月の末、私達はアニーパパの転勤で日本に戻って来ました。

当時はまだ犬を海外から連れて帰って来た場合、2週間の繋留が義務づけられていました。
なので、帰国後2週間経ってから成田空港までレミーをお迎えに行きました。

その頃まだ住まいの準備が整っていなかったので私達は実家に泊まり込んでいました。
レミーは全く初めての所で生活する事になったのです。当時はまだ実家にマルチーズのチャコも生存していてレミーにとっては色々ストレスのかかる状況でした。
その為か、帰宅したその日は全く何も食べようとしませんでした。
「まあ、きっと明日になれば食欲も出て来るだろう」 等と楽観的に思っていました。

ところが、翌日になっても全く食べ物を口にしようとしません。
このままでは弱ってしまうと思い、とりあえず実家の近所にある獣医に診てもらう事にしました。
色々調べてもらったのですが、全く原因が分かりません。
とりあえず、栄養注射をしてもらい実家に戻りました。

翌日になってもレミーはえさを食べず、毎日獣医さんの所で点滴をしてもらう事態になってしまいました。
獣医さんの診断では、おそらく成田で係留されていた時期に何らかの感染症にかかってしまったのだろうという事でしたが、はっきりとした病名は結局分からなかったのです。

3週間ほど通院したでしょうか。。。病状は良くならず、とうとう獣医さんに預ける事になってしまいました。
その獣医さんはすごく熱心に色々やってくださって本当に有り難かったです。
数日経って、レミーに面会に行った時、先生が私達の顔を見るなり「砂肝を食べてくれましたよ!」とおっしゃってレミーを連れて来てくれました。私はその場で号泣してしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]本当に嬉しかった〜

だんだん当時の記憶が薄れてしまい、どんな会話をしたか詳細は忘れてしまいましたが、とにかく嬉しくて嬉しくて先生には何度もお礼を言ってレミーを連れて帰って来ました。
「助かったんだ!良かった!」[わーい(嬉しい顔)]

その後も砂肝はばくばく食べてくれて、そのお陰でレミーは徐々に元気を取り戻し、どうにか普通の生活に戻る事が出来たのでした。
それにしても、砂肝の威力には本当に驚かされました。
思えば砂肝が嫌いなワンコには今までお目にかかった事がないように思います。
砂肝はワンコを元気にするパワーがあるんですね。。。 

こんな風にして日本で生活するようになったレミーでしたが、帰国して半年位経った3月7日の夜。。。
突然嘔吐を繰り返し、ちょっと普通ではない状態でした。
しかし、その時すでに診療時間を過ぎており、獣医さんに電話をしても誰も出ませんでした。
当時はまだネット等なく、どこの獣医さんが夜間診療をやっているかも分かりませんでした。
なので、とりあえず翌日の一番で診てもらおうと思い、その日はレミーの側に布団を敷いて寝る事にしました。
しかし、レミーは真夜中に突然透明の液体を嘔吐し、そのまま帰らぬワンコになってしまいました。。。

私は悲しくて悲しくてそれから一年ほどペットロス状態になってしまいました。
一緒に過ごした時間は2年ほどだったのですが、レミーは私の人生に強烈な印象を残していきました。
本当に賢くて可愛いワンコでした。。。出来る事なら日本でもっと一杯思い出を作りたかったです[もうやだ~(悲しい顔)]

IMG_0016.jpg

また会いたいよ〜レミー[もうやだ~(悲しい顔)] 
虹の橋で待っててね。。。


レミーの命日 [レミー]

今日はまた寒さが戻って来てしまいましたね〜東京は雪[雪]が降ってますよ。。。
三寒四温ってこの時期の言葉ですよね〜皆様体調管理に気をつけましょうね〜[ひらめき]

ところで、昨日気がついたのですが、何と5000niceを達成いたしました〜\(⌒▽⌒)/
5000niceを押して下さったのはショコラパパさんです〜いつも応援ありがとうございます!!
そして、いつもご訪問くださる皆様のお陰でもあります〜本当にありがとうございました〜m(_ _)m
私の拙いブログを読んで頂き嬉しく思っております。今後もアニーの成長を皆様にも見守って頂けたら幸いです。。。



今日は私達が結婚して最初に飼ったワンコ・・・シェルティーの「レミー」の命日です。

この写真はいつもリビングに飾ってある写真を写した物です。。。
(デジカメに収めたものがないのです。まだデジカメの無い時代だったので。。。)
P1030326.JPG
この写真は日本に帰国してから撮ったもの。。。
P1030324.JPG
レミー(1987年1月19日誕生~1995年3月7日没)
私達が一緒に過ごしたのは1993年~1995年のたった2年間でした。でも私達の記憶の中には鮮烈な印象が残っています。

レミーの事は今までほとんど書いた事がなかったので、レミーとの出会いについてお話したいと思います。

レミーはアニーパパがアメリカのNYに転勤になった時、出会ったワンコです。
当時私達はニュージャージー(NJ)のFort Leeと言う場所に住んでいました。
家から車で5分位のところにヤオハンという日系のスーパーがあって、毎日のようにそこで買い物をしていました。ヤオハンには情報を交換する為の掲示板があり、私は何かお得な情報がないか、しょっちゅう見ていました。

すると、ある日可愛いシェルティーの写真が貼ってあるのを発見!犬好きの私はその可愛らしい写真に釘付けになってしまいました。。。
内容を読むと、里親募集中となっていました。
私はそれ以来そのワンコの事が頭から離れず、アニーパパに相談しました。
そして、一緒にスーパーに行ってその写真を見てもらいました。するとパパも気に入ってくれて、「一度実物を見に行こうか?」と言ってくれました。

パパはそれまで犬を飼った事がなかったのですが、アメリカで淋しい思いをしている私の事を思って犬を飼ってみようかと言ってくれていました。。。そんな時に出会ったのがレミーだったのです。

すぐに飼い主さんに連絡を取ってレミーに会いに行きました。
レミーの飼い主さんは日系の企業に勤めている日本人のご夫妻の方でした。
何と、レミーはその方がオランダに住んでいらした頃に、わざわざイギリスまで買い付けに行ったほどシェルティーに惚れ込んでオランダに連れて帰ったワンコだったのです。

これはレミーの血統書と手書きですが家系図です。。。
IMG_3074.JPG
IMG_3076.JPG
赤線のワンコはチャンピオン犬で、レミーの血筋の良さが分かります。。。
IMG_3077.JPG
さすがオランダからわざわざイギリスまで買い付けに行っただけの事はあります。
レミーは普通のシェルティーに比べるとかなり体が小さいのですが、やはり少し無理な交配をしたせいなのかもしれません。。。(今だからそう言えるのですが)

レミーに会いに行った時、レミーは台所の隅に閉じ込められていました。
そこのお宅のお子さんが二人とも喘息で、犬の毛が原因のひとつで、これ以上犬を飼う事が出来なくなったというのが里親探しの理由でした。。。

私達が会いに行った時、お子さんはいなかったので、レミーを外に出してもらいました。すると嬉しそうに私達の方に寄って来て挨拶をしてくれました。。。
私はもう舞い上がって「こんなフレンドリーなワンコ[犬]は今まで見た事ない〜」とすぐにでも連れて帰りたくなっていました。パパも同じ気持ちだったようです。
相手の方も私達を気に入ってくださり、レミーを引き取る事になったのです。

後日、私が一人でレミーを引き取りに行ったのですが、別れ際の奥さんの悲しそうな顔が忘れられません。。。
レミーはきょとんとしながら車に乗っていましたが、私はそんな状況を目の当たりにして、泣きながらレミーを我が家に連れて帰りました。。。[もうやだ~(悲しい顔)]

レミーはヨーロッパ仕込みのよくしつけられたとっても賢いワンコでした。。。
私達は本当に夢中になって可愛がったのですが、レミーは私達の家が自分の家だとは思っていなかったようです。
どこか淋しげな目をしていて、いつか元の飼い主が迎えに来てくれるのではないかと待っていたようなんです。

里親になるのは簡単なようで難しいものだなぁ〜とその時つくづく感じました。
里親になるにはそれなりの覚悟がいるのです。前の飼い主を思うワンコの全てを包んでやるようなおおらかな気持ちがないとこちらが辛くなります。

ここでひとつだけレミーのエピソードをご紹介したいと思います。
レミーは「温厚」という言葉がぴったりな、本当に大人しくてめったに吠えたりしないワンコでした。

私は毎朝レミーを連れてだいたい同じお散歩コースを歩いていました。
あるお家の2階のベランダにはいつもポメラニアンがいて、レミーがその家の前を通る度にワンワン、ワンワン吠えかかるのです(ノ_・。)
アメリカのワンコは吠えないのが普通なのですが、そのポメは犬だけじゃなく、人にも吠えてしょっちゅう「Shut up(うるさい)!!」と怒鳴られてました[ふらふら]

そんなある日、私達がその家の前を通りかかると、そのポメがベランダではなく、外のグリーン地帯(ワンコ達の散歩道になってました)にいたのです。するといつも温厚でワンコに吠えた事の無いレミーが甲高い声で「ワン、ワン、ワン、ワン」と猛烈に吠えたのです[がく~(落胆した顔)]
「わ〜さすがのレミーも堪忍袋の緒が切れたのね〜何だか犬らしくていいじゃない[わーい(嬉しい顔)]」なんてその時思いました〜
毎朝上から見下ろされてぎゃんぎゃん吠えられていたのをちゃんと覚えていたんでしょうね〜
「あっ、こいつこんな所にいやがる〜[ちっ(怒った顔)]」みたいな。。。

そんなレミーが亡くなって今日で16年経ちます。。。
最近命日を忘れる事が多かったのですが、ブログのお陰で思い出せました。。。
2年間だけ一緒に生活しただけでも強烈な印象を残して虹の橋を渡ってしまったレミー・・・
イギリス、オランダ、アメリカ、日本の4カ国を移り住んだ稀有なワンコです。
また時々レミーの事もお伝えしていきたいと思ってます。。。

レミー ブログトップ